世界三大珍味のフォアグラが残酷で劣悪な環境の中つくられていることは有名になりつつありますが、普段私たちが口にする豚肉がつくられている現場の現実はご存知でしょうか?

実は豚という動物はキレイ好きでデリケートな生き物なんですが、ほとんどの豚舎がコンクリートづくりで狭くなっており、ストレスのために、およそ 70%の豚が肺炎や胃潰瘍を患っています。

そして一部は廃棄され、状態の良いものを出荷するという現状です。

そのため豚は、抗生物質や抗菌剤で薬漬けにされています。エサとなる飼料には成長促進のためのホルモン剤も添加されているそうですね。

でも安いし、旦那と子どもたちは豚肉好きなんだよなぁ…。